失業・転職前に考えておくこと

————————————
失業・転職する前に考えておくこと
————————————

先日の記事にも書きましたが、友人が今の仕事をやめて転職することに
なったようです。

幼い頃からの友人なのでなにか手助けができないかと考えていたのですが、
転職をするまでの間にいろんな手続きがあったり、もし失業した場合の
雇用保険の手続などを説明できたらいいな・・・と思いこのサイトで、
分かりやすく書いていくことにしました。
ですから今回は、いつもの日記というよりも少し彼への説明的な感じで
書いていますので、興味のない方はスルーでお願いします。

では、「失業・転職する前に考えておくこと」として色々と書いてみたいと思います。

失業も転職も、現在の仕事を辞めるという点は共通しています。
その中でいろいろと把握しておかなくてはいけないことがあります。

 
良くも悪くも、仕事を続けていれば現在の生活の維持はできるはずです。
今もらっている給料で生活ができているのですから・・・。
でも、失業や転職をした場合いろんな条件が変わってくるために
現在の生活について改めて考えておかないと、思わず出費が増えたり
逆に収入が減って、最悪の場合生活の維持自体ができないという
自体に陥る可能性があるのです。

ですから、一人暮らしの人はもちろんのこと家族のいる人はなおさら
「現在の生活」について良くしていることが必要です。

————————————
現在の生活の何を知っておくと良いか?
————————————

現在の生活と一言でいっても、何についてしっておけばいいの?と
思った人もいるでしょう。

それは主に「経済的なこと」になります。
職業の内容についてもですが、一番必要なのは生活を維持させること
だと私は思います。

スポンサードリンク

これは人によって多少違うかもしれませんが、特に男性の場合
生活費を一人で稼いでいる人も多いはずですのでそういった
視点は必須となります。

でも、経済的なことといっても具体的にはどのようなことなのでしょうか?
私が失業する前に、紙に書き出してみたのは次のことです。

1.生活費(固定費)
2.生活費(変動費)
3.その他

大まかに分けていますので他の分け方もあると思いますが、
上記の3点に分けて説明していこうと思います。

1生活費(固定費)について

どんな費用かというと、毎月決まった額の支払のものです。
①家賃
②国民年金
③健康保険
④各種保険
⑤通信費(基本料のみのもの)
⑥教育費
2.生活費(変動費)

どんな費用かというと、毎月支払いの額が変わるものです。
①電気代
②ガス代
③水道・下水道代
④通信費(携帯電話など)
⑤ガソリン代
⑥医療費
3.その他

どんな費用かというと、臨時的に必要になるもの、または毎年
一度または数回程度の支払いがあるものです。
※隔年に一度のものも含みます。

①自動車税
②任意保険
③市民税・県民税
④各種年会費(レンタルビデオなど)

これらの費用は、各家庭で多少違うかもしれませんが、
私の家庭で通帳などを見ながら、また請求書などを見ながら書きだした
ものです。(なにか抜けているものもあるかもしれませんが・・・)

ここでは現在かかっている費用をそのまま書き出すとわかりやすいです。
もし2番の変動費が毎月ばらつきがある場合、数ヶ月(3か月程度)の平均
を出してやると大まかですがわかります。

こうしてでたデータは、現在の生活と同程度の生活を続けていくために
必要だと考えられる費用になります。

ただ、これだけでは生活できないのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ