職業訓練を終えて6か月を経て思うこと

□久しぶりの更新となりました□

職業訓練日記を書き始め、途中就職が決まってから何かと忙しくなったため更新をしていませんでした。

ただ、そんな中時々このサイトを確認してみると、時には1日に50人程度の方がアクセスして頂いているようです。

よく読んでいただいているページは、各ページの右側に表示されているので確認できると思いますが、「遅刻」とか「欠席」について書いている記事は良く読まれているようです。

想像するに、私もそうでしたが「職業訓練」を初めるにあたり「休む時はどうしたら良いの?」とか、税金で教育を受けている以上休む場合に何か「罰則」があるんではないか?なんて心配があるのではないかと思います。

全国的にある制度なのですが、もしかしたら地域によっては多少違いがあるかもしれません。ただ、いくら民間委託とはいえ国が行っている制度なので、ある程度基準があるようです。なのでみなさんの参考にはなっているのかな・・・と少し安心しているところです。

スポンサードリンク

□半年が経過して□

本来、職業訓練校に入学したのは前職に戻らないために、いわば「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」の思いで始めました。

なので、今までの自分の職業とは少し離れた部分の職種を選んだつもりでしたが、いくら手当があるとはいえ本来の収入の6割程度しか無かったため4ヶ月を経過した頃から職安で仕事を探し始めたり少し焦り始めていました。

そんな時、前職の関係の仕事の話があり、「戻らない」と決めていたこともあり悩みましたが、家族の生活費のこともあり復職することに決めました。

初め3ヶ月の期間限定ということもあり、その3か月の間に就職活動を並行してやっていってもいい・・・という気持ちもあったのです。

なんだか職業訓練を始めた時も「時間の確保」という目的があったため、その期間を延長・・・という感じもあり、はっきりしない自分が少しもどかしい感もあったのですが、「この仕事がしたい!」という強い気持ちもなかったため元の仕事に戻ってしまいました。

元の仕事・・・と言っても内容はかなり変わっていて、初めての経験も多く、はじめは戸惑いもありましたが1か月が経過するときにはかなり慣れていました。

慣れというのは恐ろしい・・・とはよくいいますが、ありがたいことです。

初めは苦だったことが、段々と慣れることで「楽」とまでは行かなくてもあたり前のようにできるようになるのですから。

 

□今感じること□

前職をやめる時に「もう戻りたくない」と思った気持ちは強いものでした。

ただ自分の弱い心を戒めるために、頭を丸め髭を伸ばし、外見的に今までの自分とは大きく変わった状態にして、とてもじゃないけど戻れない・・・という状況に追い込んでみました。

スポンサードリンク

実際、復職する前に「ヒゲ」をどうしようか・・・と少し考えました。面接に行く必要があったため、スーツを切るのは抵抗はなかったのですが、6ヶ月間かけて15センチほどに伸びていたヒゲ(伸ばし過ぎですが・・・)を剃ることが、なんだかジレンマのようなものを感じてしまいました。

でも、背に腹は代えられない・・・ではないですが、先程も書きましたが「時間的な猶予の延長」という意味もあり復職を決めました。

結局、3ヶ月の予定で初めた仕事が4月の時点で延長となり来年の3月までのびました。ただ、今の気持ちとしては「時間的な猶予の延長」という気持ちではなく、以前のように「仕事」として日々の生活をしています。腰掛け的なきもちではなく、途中までとっていた資格も最後まで取ることを決めました。

少し以前とは違うところもありますが、人間何らかの仕事をして社会に関わっていくことは必要だと思います。その仕事がなんであれいいのかな~と今は思えるのです。そして今回のように「縁」あって結びついた仕事があれば、そこに一生懸命関わって、貢献していけばいいのだと思います。

職業訓練をこれから始めよう・・・と思っている方も、このサイトを見ている方の中には多いと思いますが、「縁」あって就くことの出来る仕事があれば、ひとまずそこで頑張ってみるのも良いのではないでしょうか?

私自身、いちどは心砕かれ「二度と戻るものか」と思った前職でしたが、今までの経験とスキル、そして職業訓練で得た能力が今の仕事や生活にいきて、つながっている事を感じることで、「今まで生きてきて無駄なことは無かったな」と思えるのです。

それはあの時止まらず前に進んでいたから今に辿りつけたのかもしれませんが、あの「職業訓練」という半年間の時間的猶予がもらえたから、6ヶ月の日々を過ごせたのだと思います。

もし、今仕事で悩み、やめようかどうしようか・・・・。

辞めたいけど家族がいるし・・・やめられないな。

このままやってると命が持たない。死にそう・・・。

・・・なんて思う方がいれば、辞めてもいいと思います。ただ家族がいるのなら、少しでも後につながるように資格をとったり手に職をつけながら、今の給料の約6割をもらいながら「次の一手」を考えるという、「時間的猶予」を手に入れてください。

何も考えないで、ツライから・・・きついから・・・という理由だけでやめると、家族の生活もあるから・・・と二の足を踏んで体を壊してはダメです。

税金を使って、国のお世話になって・・・と、そこが気になる方もいるかもしれませんが、今までしっかりと働き税金を収めてきたのなら胸を張ってこの制度を利用すればいいと思います。

1度目の失業の時にはこの制度を知らなかったために3か月しか時間的な余裕がありませんでしたが、今回は9ヶ月間しっかりと考えることができたので、今納得した形で仕事を新たな気持で取り組めています。

「職業訓練」についてこれからもいろいろと書いていこうと思いますので、今までの記事と合わせて読んで頂ければきっと参考になると思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ