職業訓練中の欠席について

職業訓練が始まって3ヶ月が経ちました。

始まった当初、1日でも休まないように・・・と強く念を押されていました。
理由としては、出席が8割を切ってしまうと退校処分・・・つまり「退学」となるということのようです。

スポンサードリンク

もちろんその日数を計算して休むこともできるでしょうが、急な体調不良や後半の企業への面接などで授業に出られない場合も欠席の日がカウントされるので、後半に余裕を持たせるために言われたのだと思います。

私自身始まってすぐの2日目に、知人の紹介で就職説明会があったので出席したかったのですが、始まってすぐのことでもあるし訓練を最後までやってほしいという気持ちからか、参加を認められませんでした。

今考えると出席しても退校処分にはならなかったと思いますが、始まってすぐに就職されても・・・という思いが職業訓練校の職員の方にあったのでしょう。

試験をパスして合格した人は、受験者の3分の1程度だったので、不合格の人のことを考えればこのチャンスを無駄にはできないので仕方ありません。

スポンサードリンク

ただ、始まって3か月経つと体調不良で仕方なく欠席する以外でも休む人が出てきました。
それは「子どもの参観日」などの理由です。

クラスのほとんどが女性なので、子どもがいらっしゃる方も多いのですが、子どもの看病やこうした参観日などでの欠席は問題ないようです。

もっとも、休んでしまうとその間の授業が受けられないので、特に「簿記」などの進むのが早い授業では内容がわからなくなる恐れもあり、できれば休みたくないというのが本音だと思います。

その他にも、欠席の理由としてあったのが「結婚式」です。

とてもめでたいのですが、これも欠席する場合通常の手続きが必要となり、招待状や結婚式当日のパンフレット(席次表)などの提出が必要となるようです。
※病気の場合は診察や薬の領収などで良いようです。

いろいろと休むのも大変な職業訓練ですが、公費(税金)を使っての訓練なので当然なのですが・・・。

あと残り2か月半ていどになりましたが最後まで頑張りたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ