次の検定は秘書検定!

CS検定が先日終わりました。

終わって安心してしまいましたが、早速次の検定です。
申込はすでにしていますが、「秘書検定」です。

以前記事に書いているので、ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、この秘書検定は「受験必須」ではありません。

受けるか受けないかは自由です。

男性の中で受験するのは私だけのようです。

女性の中でも半数の方が受験されないのではないでしょうか?

必須ではないから受験をしない‥・・という理由以外にも、案外受験料が高いのもあるかもしれません。

CS検定程は高くないのですが、それでも検定を全て受けているととても高額になります。

ちなみに、秘書検定はいくつかの章に分かれていて、それぞれの問題が出ますが社会人として働いていると知ってて当然というような問題も多いです。

ただ、いわゆる「常識問題」というようなものでも案外と知らないものもあり、やはりCS検定の時にも思いましたが「検定用の勉強」が必要になると思いました。

幸い授業で使っているテキストには、章ごとに説明もあり、語句などもまとめてあるのでとても見やすいです。

簿記や他の科目もあるので、あまり時間もかけられないのですが、直前でも集中してやれば何とかなりそうです。

スポンサードリンク

ただ、早めに取り組んでいたほうがよいと思ったのは、カタカナ語の意味やNATOなどのアルファベット3~5文字程度の外来語の短縮された言葉などです。

これらは社会人として生活していて、テレビや新聞を見ていたらある程度知っているものが多いですが、自分の専門でないところなどは案外うろ覚えになっていることも多く、何度か見ておくほうがよいと思います。

それに、せっかく検定を受けるのですからテストの範囲になっている部分はまんべんなくやっておく方が安心ですし、自分のためにもきっとなります。

私自身、必須でないこの検定を受験するのは就職試験での社会人としての常識力をアピールする目的もありますが、せっかく学んでいることなので一つの「形」にしておきたいということもあります。

とにかく前向きに頑張っていこうと思います。
何事も「やらされている」と思うとしんどいですが、「自分からやっている」と積極的な気持ちでやると楽しいですし、面白いです。

昔、母にいわれた言葉に
「泣いても1日、笑っても1日、どうせなら笑って過ごしましょう」
というのがありました。

良くは覚えていませんが、私が何かで悩んでいたのだと思いますがその時に励ましてくれた言葉です。

自分から前向きに、積極的にやっていきたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ