気になる検索のキーワード・・・

いつも「職業訓練日記」のホームページを見て頂いてありがとうございます。

初めの記事で、このサイトを始める気持ちを書いていますが、
職業訓練を今から始めようと思っている人や、これから仕事を辞めて
失業生活に入るという人などに参考になれば・・・と思って作りました。

実際、HPの運営上でどのような方が見に来られているのか
どのようなキーワードで検索されているのか・・・というのがある程度
分かるのですが、その中で気になるキーワードがありました。

「職業訓練 ついていけない」

という2つの単語の言葉です。
なんだか切実なものを感じました。

 
実際、私自身今やっている「OA科」の科目の中では「簿記」が難しいです。
それは、今までやったことのない別の分野のことであり、よくわからない・・・
というのが大きいのですが、それに加えてこなす問題の量が少ないのが
原因だと分かっています。
※もっとやれば分かるようになるとは思うのですが・・・。

ただ、中には先日行われたCS検定のようにパソコンを使った授業で
初めてパソコンを触ったという人もいるので、そのハードルというのは
ひとによって大きく違うのだろうと思います。

もしかしたら、このキーワードで検索してきた人は

「ついていかれない」から、辞めたい・・・・と思っているのかもしれません。

自己都合で辞めた場合のペナルティについては詳しく分かりませんが、
以前書いた記事で一緒にやっていた人の「退校」について書きました。

この方は、「就職」ということで退校したのですが、特にペナルティなどは
ないとの職業訓練校の担当者の方からの説明でした。
ただ、面接の時に何度も「最後まで続けられますか?」と聞かれていたので
始めたら最後までやる・・・というのが本音のところなのでしょう。

スポンサードリンク

実際問題として「学習についていけない」とか「家庭の事情で続けられない」などの
理由の場合「自己都合」となると思われますがその場合でも
「就職」という方法で退校が決まるほうが、当事者も周りの関係者も
丸く収まるのかもしれません。
ただ、できることなら周りのクラスの人や家族などに助けてもらうなどして
続けていけたほうがよいと思います。

ただ、もう一つこのキーワードで検索してきた人の思いとして

「ついていかれない」から、どうにかして続けたい・・・というものもあるかもしれません。

この場合、人によって環境が異なるので簡単ではないと思いますが、
自分の事を考えていてもやはり「勉強量」だと思います。

私の場合は「簿記」がネックですが、コースの内容やその人の今までの経験
などで大きく変わることだと思います。
だからこそ、「これで必ず大丈夫!」というような特効薬的な方法と
いうのはなく、ひたすら地道に「勉強」するしかないのでしょう。
勉強と言っても色々とありますが、先生方がよく言われるのは
「予習よりも復習」ということです。
授業中やった問題や、やっておくように支持されたトレーニング問題など
繰り返しやることが大切なのだと思います。

 

昔のお伽話で言えば「うさぎとかめ」のようなものです。
いくら今までの経験があっても、検定試験は試験対策をしていないと
制限時間内に問題を全て回答するというのは難しのです。

だから繰り返し問題を何度も解いていくというのが近道になるのだと思います。

2つの場合について私なりに考えてみましたが、どちらの場合でも
その悩みは切実なものだと思います。
だからこそよくよく考えて結論を出さないといけないのですが、
あとから考えた時に後悔しない方法だけは選びたいものですね。
私もあと4か月、長いですが頑張りたいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ