遅延証明と遅刻について

以前、台風の接近で大雨が降ったために、通学に利用している高速バスが
「運休」するということがありました。

この時は、私が住んでいる場所でも大雨で、高速道路も最寄りのインターチェンジ
も含んだ区間の通行止めになっていたので、「運休かもしれないな」と思いながら
バスの営業所に電話して運休ということを知りました。

ただ、今回は私の住んでいる場所では雨はほとんど降っておらず、
バスが来ないけどどうしたんだろう・・・と思いながら待っていました。
10分過ぎても来ないのでおかしいと思って営業所に連絡すると
「昨日の大雨で、バスが遅れています・・・」との説明。
運休の場合でも、遅延の場合でも、バス停にはなんの連絡もないので
その度に電話で聞かないと分かりません。

困ったものですが、バス停には時刻表が貼ってあるだけですから
しょうがないんですけどね。

 

それで、以前の遅刻の時にも「運休証明」というのをバスの営業所に
とってから、職業訓練校の方に提出したのですが、今回も取ることに
なったのです。

公共交通機関を使っていて、運休や遅延により学校に遅れた場合も
遅刻になるというのはなんだか釈然としないものを感じます。
学校の方にもそれを確認したのですが、その場合でも「遅延証明」は
提出してくれとのこと・・・。

スポンサードリンク

まぁ、電話一本して「遅延証明」を出してください・・・といえば出して
くれるとは思うのですが、いちいち面倒だなと思います。
出す書類がただでさえ多いので、こうした書類が増えると少しうんざりと
してしまいます。

 
でも、前回も今回も「遅刻」としてはカウントされないということなので、
すこしあんしんしました。
やはり自己都合でもないのに、自然災害の場合でも「遅刻」や「欠席」に
なってしまっては、頑張って通っているのにかなしいですから。

 
専門学校も職業訓練校からの委託でやっていることですし、このような
手続き的なことも、いろいろと決まっていてしょうがないのだとは思いますが
書類が何かと多いと毎回思います。

でも、今回のことで「自然災害による交通機関の遅延」は遅刻にならない
ということは少し安心しました。

 
まぁ、寝坊などして遅刻すればもちろん「自己都合による遅刻」なので
自業自得なのですが、外的要因であれば避けたいものですから。
もう40歳過ぎのおじさんとしてはこうした事はしっかりとやりたいのです。
遅刻・・・なんて恥ずかしいことですからね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ